腰の痛み、お尻や足の痺れ

腰の痛みや、お尻から足にかけて痛みやしびれが起こっている、長時間歩くとつらい、夜寝ている時に痛みなどで悩まされていませんか?

坐骨神経痛という言葉を耳にしたこともあるかもしれません。坐骨神経痛とは、病名ではなく症状につけられた呼び方です。

どのような事が原因で起こる症状なのか、当てはまるものがあれば坐骨神経痛かもしれません。

 

  • 腰の痛み、お尻の痛み
  • お尻、太もも裏、足へかけての痛み、しびれ
  • 体を動かすと痛みやしびれが悪化する(問題のある部位の状態により、前にかがめない、後ろへ体を反らすことが出来ないなど)
  • 痛みのため歩行が困難になる
  • 足に力が入らなくなる
  • 下半身の筋肉の太さに左右差が出てくる
  • 座っていられなくなる
  • 足を触ると感覚が鈍くなっている

 

このような症状がある場合は、坐骨神経痛の症状化もしれません。その症状が出てしまう原因はどんなものなのか、

どうすれば良くなるのか気になりますよね。

例を挙げていきます。

坐骨神経痛の原因1:椎間板ヘルニア

背骨と背骨の間にある軟部組織(柔らかいクッションのようなもの)が正しい位置からはみ出し、

知覚を通っている神経に触れてしまうことで起こります。身体の衝撃を和らげる役割のある椎間板ですが、

周りの筋肉が弱ることや硬くなることで起こってしまうことがあります。

 

坐骨神経痛の原因2:脊柱管狭窄症

   

神経が通っている背骨の中にあるトンネルが、主に老化によって狭くなることがあります。

それによって症状が起こってしまう事があります

歩いていると徐々に腰や足に痛みやしびれ、つっぱる感じが出たりします。

中には途中で休まないと歩くのが困難になる場合があります。

 

坐骨神経痛の原因3:腰椎の分離

腰椎分離症は背骨の腰の骨(腰椎)が切れてしまうことを言います。

レントゲンなどで確認することができます。ただ、必ずしも腰痛など起こるわけではありませんが、

分離してしまった骨が前方にずれるように滑ってしまうと、神経を刺激してしまい坐骨神経痛の症状を起こすことがあります。

 

坐骨神経痛の原因4:梨状筋症候群

お尻の筋肉の一つの梨状筋(りじょうきん)が硬くなることで症状が起こる場合もあります。

スポーツ、お仕事などで腰、お尻、股関節などに負担がかかると梨状筋が硬くなりやすくなります。

梨状筋は坐骨神経の通り道にある筋肉ですので硬くなることにより神経を圧迫してしまうことがあります。

 

坐骨神経痛の原因5:腫瘍が原因の場合

中には1~4に当てはまらない場合もあります。背骨などに腫瘍ができてしまった場合など、神経を圧迫することがあります。

その場合は早めに病院で受診することをお勧めします。

筋肉を和らげる治療を行っても症状の改善が無い場合など、悪化させると大変なこともありますのでレントゲンやMRIの検査を受けましょう。