四十肩・五十肩

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 肩が痛くて腕が上がらない

  • 五十肩が病院のリハビリでは良くならない

  • 肩が痛くて下着がつけられない

  • 夜中に肩の痛みで起きてしまう

  • 肩が上がらなくて着替えが出来ない

  • 通勤電車のつり革に手が伸ばせない

  • 寝るときに肩が痛くて横向きになれない

  • このまま肩の痛みがずっと続くのかと不安

四十肩・五十肩とはその名の通り四十代、五十代の方に好発する肩関節周辺の筋肉・関節包 などの炎症のことです。

はっきりとした原因は不明ですが、加齢によって肩周辺の筋肉や関節包などが 柔軟性が失われたり癒着などが原因と考えられます。
寒い季節に特に痛みが出やすいです。

特徴

手を挙げる女性

特徴としては、ある一定の角度より腕を上げようとすると痛みが強く出ます。
特に後ろに手をまわして帯びをしめたり髪を結うような動作で痛みが強く出現します。
冷えることによっても痛みが強まります。

炎症が強く出ている場合は夜間痛といって寝ている時に強い痛みが出る場合があります。 寝返りをうつことさえも辛くなってしまいます。
また特徴としては予後は良好なんですが、 完治するまでにしばらく時間がかかってしまう事です。

痛いからといって肩を動かさなくなってしまうと拘縮といって周りの筋肉が硬くなってしまい、 余計に手が上がらなくなってしまったり、反対側の肩への負担が大きくなり両肩へ症状が 出現してきたりしますので早めの治療をお勧めします。

病院や整骨院ではこのような改善を受けてきたと思います。

  • 痛み止めやシップで様子をみる
  • 肩への電気やマッサージ
  • ブロック注射
  • リハビリで痛いけど動かす
  • 動画などを見ながらストレッチ

整形外科などの病院に行くと、レントゲンなどで画像判断を行います。
痛む部分に骨の異常はないか、骨折していないかなどは画像判断できます。
ですが、筋肉、神経、関節の硬さなどは画像に写らない為、大半の方は「異常なし」と判断されます。

まずここで疑問に思いませんか?

こんなに痛いのに「異常なし」

そんなはずありませんよね。異常があるから痛みが出ています。
ここで疑問に思わないと、なかなか改善の道に近づけません。

「痛み」は、もうそれ以上負担をかけないでなんとかしてというSOSのサインです。
原因不明と言われて痛み止めやシップで対処しますが、痛み止めは一時的に痛みを感じなくしているだけなので、薬の効果が切れると痛みがまた出てくるのは当たり前です。
むしろ、痛みだけ消して無理に日常で動かすので後で悪化することが考えられます。

また、痛み止めの乱用は血行不良を招いたり薬物乱用頭痛という薬が原因の頭痛になりかねないので、早期に根本改善をお勧めします。

ブロック注射を打つ方も多いですが、肩の神経の近くに、神経麻酔剤やステロイド剤を注射して痛みを一時的に感じなくさせるものです。
「ブロック注射で改善した」とは聞きますがよく考えてみてほしいです。
根本改善としての効果は疑問しかありません。

リハビリやストレッチなどをご自身で頑張っていると、少し動きやすくなったり良い効果が出る方もいます。
翌朝にはまた痛みが出るのでまたストレッチをする。
これを毎日繰り返してなかなか改善が進んでるのを実感できない方が多いですね。

しっかり根本原因をみつけて施術を受けることで、あなたの四十肩(五十肩)は何が原因だったのかを知ることが改善への最短ルートではないでしょうか?

施術を受けながら、自身でできる体操などを指導してもらい続ける方が、時間を効率的に使えるので一度はしっかり施術を受けることをお勧めします。

症状についての説明 

首肩

あなたはこれまで、たくさんの病院や整骨院に通ってきたのに改善しなかったから、当院のホームページに辿り着いたのではないでしょうか。
それは、今までの施術が痛みの根本原因にアプローチできていなかったからです。

四十肩・五十肩は次のようなプロセスで起こります。

1)長時間のパソコン業務や家事育児の日々で猫背になり、肩が前に入った「巻き肩」状態が続きます。

2)体がゆがんで肩や腕に余計な負荷がかかり続けます。

3)肩関節が正しい位置ではまらなくなっていき亜脱臼(関節が軽く外れた状態)になる。

4)肩関節周辺に炎症が起きる。

5)肩に激痛がはしり、腕が上がらなくなる。

また、四十肩・五十肩の痛みの進行状態には4段階あります。

炎症期→拘縮期→凍結期→回復期

・炎症期:病院や整骨院の施術は最初の炎症期の炎症を抑えることが主な目的になります。

・拘縮期:炎症期が過ぎて痛みがおさまると病院では現状維持の保存療法を取られます。しかし実は症状はまだ進行中のため、拘縮期に入るとだんだん肩が上がらなくなり生活に支障が出てきます。

・凍結期:肩の激痛はおさまるのですが、肩周囲の筋肉や関節がガチガチに固まってしまっているので動かすと痛くて洋服が着られなくなったり高い場所に手を伸ばすのが辛くなります。凍結期は数ヶ月続くこともあり非常につらい時期です。

・回復期:凍結期を過ぎるとついに肩を動かす痛みがだんだん小さくなって痛みがない以前の状態に戻っていきます。

痛みが始まってから落ち着くまで1年〜2年かかると言われており、痛みに終わりはいつか来ます。

ですが、肩周囲の筋肉や肩の状態は放っておいても健康な状態になることはありません。それが原因で腕が上がらなくなったり、ひどい肩こりや頭痛に悩まされる方もいます。

か終わりが来るとはわかっていてもその肩の状態は早めの改善をお勧めします。

原因

肩

四十肩(五十肩)の原因についてお話ししたいと思います。

まず初めに四十肩(五十肩)という名前はその年代で起きやすい肩の痛みのためこの呼び名がついていますが、正式には『肩関節周囲炎』といいます。

名前の通り、肩の筋肉や肩関節の炎症が原因の痛みが起こります。

四十肩(五十肩)がなぜ起きるのかは医学的にはまだ解明されていません。

ですが、発症した方々の過去を振り返ってみると、痛みが起こるであろう生活を長年続けて肩の筋肉や肩関節に無理をさせ過ぎたのはカウンセリングから想像がつきます。

スマホやパソコンで指を酷使して同じ筋肉ばかりを使い過ぎて肩のインナーマッスルまで疲労が蓄積して炎症が起きます。
炎症が起きると、肩関節をスムーズに動かす働きの滑液包や関節包、肩を動かすときに働く深部のローテーターカフと呼ばれるインナーマッスルの筋肉などが全体的に固まって癒着を起こします。

癒着とは他の組織とくっついてしまうような状態なので、肩関節の動きが制限されて肩の可動が制限されて痛みが起こります。

癒着した状態では動かないのに、無理に肩をあげたり動かそうとするので炎症がさらに起こり激痛となって症状が現れます。

急性期は安静が第一なので、炎症がおさまるまでは無理に動かそうとせず安静にしておきましょう。無理をするほどに炎症がひどくなって痛みが増すばかりです。

しばらく安静にしていると炎症は落ち着くのですが、今度は組織の拘縮(奇異にくや滑液方包が硬くなる)が起こってくるので肩が途中までしか上がらないなど運動に制限が出始めます。

この辺りから適切な施術を受けて早期改善を目指していくと長期にわたる痛みに悩まされすに済むでしょう。

回復期まで進むと肩の動きも出せるようになっていきます。

この状態まで来ると施術で関節を動かしたりして癒着を改善しやすくなってくるので、本格的に改善を目指して筋肉や関節にアプローチして関節炎の状態を改善していくことをお勧めします。

当院では、肩の痛みに対して、まずはカウンセリングを行い、体全体の使い方やゆがみやバランスの状態を確認します。

「肩がどの程度動くのか」

「指や肩周りの筋肉や関節はどこがどの程度硬くなっているのか」

「姿勢の悪さや巻き方はどの程度か」

全体の検査をしながら肩の痛みにアプローチしていきます。

ですが、炎症期にある方は施術すると炎症が強くなって痛みが増すので肩への施術は必要最小限にて行います。

四十肩(五十肩)の場合、ほとんどの方が腕の骨が肩関節の前方かつ下方向にずれてしまっています。
その状態を元に戻すように関節の動きをつけたり関節の動きを邪魔する筋肉の動きを改善していくことでだんだん肩が改善されていきます。

肩が動けるようになると痛みも減り始めるので、できる限り早期改善できるようサポートさせていただきます。